革製品の正しい保管方法 |カビや型崩れを防ぐには?

革製品の正しい保管方法 |カビや型崩れを防ぐには?

 

使うほどに味が出る革製品は「生きている」といっても過言ではありません。そんな革だからこそ、「保管はどうすればよいの?」とお悩みの方が多いことでしょう。カビや型崩れを防ぎ、革をきれいな状態に保つために、正しい方法で保管方法をご紹介します。長く大切に愛用し続けるために、ぜひ参考にしてください。

 

〇 準備するもの

 

革製品の正しい保管方法 |レザーのメンテナンス道具

 

・革用のブラシ

・乾拭き用の布

・中に入れる柔らかい布や新聞紙

・保管用の袋

 

お手入れの前に、ブラシにほこりが残っていないか確認しておきます。布は柔らかくきれいなものを用意してください。

保管用の袋はご購入時に付属していたものを使うか、綿や麻など柔らかく、色移りがない袋を使います。ビニールなどの人工素材は、通気性が悪くカビの原因や革の質感に影響を及ぼす可能性があるため、ご使用は避けてください。

 

〇 革製品の保管方法

 

革製品の正しい保管方法 |カビや型崩れを防ぐには?

 

まず革製品を保管する際にもっとも気をつけなければいけないこと、それは「カビ」です。せっかく時間をかけ美しい表情がでた革にカビ生えてしまうと台無しです。
カビは湿度の高い場所を好みます。できるだけ風通しのよく換気のよい場所で保管しましょう。(直射日光の当たる場所は避けてください)

 

毎日使っている革の場合

 

バッグやパスケース、財布など普段使っている革製品は、お休みの日などの使わない日に1日休ませてあげてください。軽くブラッシングや乾いたタオルなどで表面を磨き、汚れやほこりを落とします。中身も取り出しておくと、革への負担が軽減され、持ちがよくなります。

 

長く休ませる革の場合

 

革好きの方の中には、色やデザインまた季節によって使いわけたり、単発で特別な日だけ使ったりすることがあります。この場合、保存期間が長くなりますので、その都度オイルなどでお手入れ<←リンク>をしてから、保管しましょう。

保管の際には、型崩れ防止のため中に新聞紙や乾いたやわらかい布などを入れます。また、キズがつかないように柔らかい布の袋に入れて保管すると理想的です。

 

ブラシで汚れを落とす

 

革製品の正しい保管方法 |保管前のブラッシング

 

汚れやホコリが付着したまま保管すると、カビの原因になります。保管する前にまずブラシや布を使って汚れやホコリを丁寧に落としてください。落ちにくい汚れがある場合は、水に湿らせしっかりしぼった布やタオルで軽くトントンとたたくように落とします。場合によっては革クリーナーをご使用ください。

保管期間が長く気になる場合には、オイルを使って保湿もしてください。塗りすぎはカビや革を痛めることになりますので、少量を薄く広げるように塗布してください。

 

柔らかい布や、新聞紙を中に入れる

 

バッグなど中身に容量がある場合には、型崩れと湿気を防止のため、乾いた柔らかい布やタオル、新聞紙を丸めて入れます。

 

通気性のある袋に入れて保管する

 

購入時に製品の入っていた袋、または清潔で柔らかい袋に入れます。直射日光を避け、空気の循環があるところで保管してください。

 

革製品の正しい保管方法 |風通しの良い場所で保管 

 

風通しのない場所では?

 

意識的に換気する

 

本来ならば、風通しの良い場所で革製品を保管することが理想的ですが、棚やクローゼットや棚など、風通しのない場所で収納する方も多いかと思います。

この場合には、数週間~月1度の割合でクローゼットを解放することをおすすめします。意識的に空気の循環をつくることで、カビの発生を防ぎます。クローゼットを開けた状態で換気扇をつけたり窓を開けたりして、部屋全体の空気を入れ替えてください。

 

防虫剤などの使用時には

 

防虫剤や乾燥剤に使われている成分によっては、革に悪影響を及ぼし変質する場合もございます。保管袋の中に一緒に入れないように心がけてください。

 

〇 まとめ

 

人と同じで、革を美しく育てていく過程では、ときには休ませてあげることも大切です。保管することも愛情のひとつです。長く気持ちよく付き合っていくために、保管にも心を込めてあげてください。

 

〇 おすすめ商品

 
100%高級シボ牛本革を纏ったビジネスシーン対応リュックサックが登場!!今回もお客様のお声から企画をスタートして、ついに完成を致しました。

 

 

 

毎日の通勤はもちろん、2泊3日の出張の荷物もしっかり収納できる大容量20Lサイズの本革トートバッグがBLUE SINCEREから登場しました。