革の色落ち・色移りしたときは?|革のお手入れ

革の色落ち・色移りしたときは?|革のお手入れ

 

革は天然素材でじっくり育てていくエイジングが魅力ですが、梅雨の時期や真夏の高温時などの環境の変化で、色落ちする可能性があります。お使いの革製品が色落ちして、着ている服に色が移ったり、また逆に後染め製品の服から、革製品に移ってしまうケースもあります。革の色落ち・色移りを防ぐために、注意すべきポイントをお伝えします。



革の色落ち・色移りの原因

 

綿や麻などと同様に革も天然素材で、染料や顔料を使って染色していきます。革が水に濡れ水分を含んだ状態や、摩擦によって色が落ちたり、服などの他の素材に色が移ってしまうケースがあります。

 

色が落ちにくくなる「色止め」という工程がありますが、革本来が持つ風合いや、使用することで次第に深まる味のエイジングを十分に楽しむため、あえて加工は控えめにして素材感をいかした製品もあります。


たとえば、弊社のBLUE SINCERE(ブルーシンシア)オリジナルのプレミアムレザーで使用しているベジタブルタンニンなめしの革は、素材の持つナチュラルな美しさと風合いを引き出すため最小限の加工に留めています。



色落ちを防止する方法


現段階の技術では、革のナチュラルな素材感を楽しみつつ完全に色落ちを防止する加工はありません。そもそも革自体が染まりにくいうえ、低温で染色をおこっていくため色が定着しづらく、もともと色が定着しにくい上、皮革用加脂剤(革の硬化を防ぐ)を含めながら染色するため、(植物繊維など)染料のみで素材にくらべ色が入りにくい性質があります。


こういった革の特性を受け入れたうえで、できるだけ色が落ちないようにメンテナンスを続けながらも、革が育ち変わりゆく表情の変化を楽しむ気持ちで、末長くお付き合いください。

革の色落ち・色移りしたときは?|革のお手入れ

 

水濡れと摩擦に注意する


「色落ちもエイジングのひとつ」とはいえ、不自然な色落ちや劣化は避けたいところです。革の色落ちの原因の大半は、「水と摩擦」です。革はもともと水に溶けやすい染料で染められています。水に浸っても簡単には落ちませんが、水に濡れた状態で摩擦が加わると、高確率で色が抜けたり、服などの他の素材へ色移りします。

雨の日や夏の時期の湿度が高く汗をかきやすい日は、革が濡れ色落ちと色移りのリスクが高くなります。この時期の取り扱いには十分お気をつけください。革の表面に薄く皮膜を作る防水スプレーやメンテナンスオイルで対策すると安心です。

 


もし革が濡れてしまったら

 

革が濡れてしまった場合は、あわてず乾いた布でトントンとかるく叩くように水気を拭き取っていきます。このとき強くこすってしまうと色落ちの原因になります。ソフトに丁寧に拭きあげた後に、換気の良いところで自然乾燥させます。


もっと詳しく…

 

知らない間に色移りしてしまうことも


日本では梅雨から初秋にかけて高温多湿となり、汗をのシーズンです。肩からかけるショルダーバッグや、手持ちのバッグは気がつかないうちに汗がしみこみ、水分を多く含んでいる状態になることがあります。このときに摩擦が重なると色移りが発生することがあります。



服に革の色が移ってしまったら


できるだけ早く洗濯しましょう。綿や麻などの天然素材は自宅で洗剤や漂白剤を使って洗濯(または水につけるだけでも)すると大半は落ちます。ポリエステルやレーヨンなどの合成繊維や再生繊維は簡単に落ちないケースもあります。その際には、シミ抜きに対応したクリーニング屋さんに相談してみてください。


時間が経つと、本来落ちる色染みも色が定着し落ちなくなることがあります。色移りはできるだけその日のうちに対応することをおすすめします。



服から革へ色が移ってしまうケースも


天然インディゴや顔料染めなど、服にも色落ちしやすい染色方法で染められた製品があります。これらの生地は汗などで水分を含んだ状態ですと非常に色が落ちやすくなっています。色が薄めの革製品との接触により、革へ色移りしてしまうことも考えられます。


水溶性の染料なので、革を水拭きや消しゴムで落ちることが多いですが、まれに特殊な染料や相性により落ちないケースがあります。このときには皮革に対応したクリーニング専門店に相談してください。

 

革の色落ち・色移りしたときは?|革のお手入れ

 

まとめ

 

革を愛用し長く付き合っていくと、汚れや傷、色落ちなど、まるで人生のようにさまざまな場面に遭遇します。これもエイジングの過程、革をじっくり育てていく道のりです。あなた自身でケアできることが理想ですが、まれに上手くいかないこともあります。そのときにも落ち着いて、クリーニング店などのその道のプロにまかせる判断も大事です。そんな手間暇も革を育てるひとつとして、お楽しみください!

 

おすすめ商品

 
【薄さ2.2CMなのに大容量】
レディース長財布 じゃばら式ラウンドファスナー財布 / CDC10 "BRENDA"
 

 

 
【素材も機能も妥協なし】
革職人監修 イタリアンレザー二つ折り財布 / ILW3
 

あわせて読みたい