革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

 

革を使いはじめると気になってくるのが「水染み」。雨や水で濡れると、染みだけでなく、色落ちや水ぶくれになってしまうこともあります。雨の日に革製品を使う場合には、防水スプレーでしっかりケアしましょう。防水スプレーは、水をはじくだけでなくダメージ予防や汚れ対策にもなります。この小さなひと手間の積み重ねが、革を美しく長持ちさせることにつながります。

 

〇 革の防水ケアに必要なもの

 

革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

 

・防水スプレー

・拭き取り用の布(清潔で乾いたもの)
革をキズつけないように柔らかく天然素材の布をおすすめします。

まれに、革と防水スプレーの相性が合わないときがあります。この場合、染みや色落ちの原因になりますので、初めて使用する場合には目立たない部分でお試してご判断ください。

 

 防水スプレーはお出かけ30分前に

 

雨の日に、バッグや靴など外に見える革製品を使う場合は、防水スプレーでケアしましょう。天気予報で事前に雨がわかっている場合には、前もって準備できますが、多くの場合、起床してからその日の天気を判断するかと思います。その際には、お出かけの30分前に防水スプレーふきつけてください。外出する頃には乾いた状態になります。雨だけでなく汚れ防止になるので、購入後初めて使うときにもケアしておくと安心です。

スプレーは素早く一往復する程度を目安にしてください。かけすぎると、表面を厚くコーティングしてしまうことになり、変色や、革の呼吸を妨げてしまうこともあります。また、お手入れ時にオイルが浸透しにくくなったり、革が硬くなりひび割れの原因になる可能性もあります。

 

 防水ケアの手順

 

①革の表面をブラシや布でホコリや汚れを落とす

     

    革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

     

    防水スプレーをいきなりかけないようにお気を付けください。まず、革の表面のほこりや汚れを布で落とします。パーツや縫い目部分も忘れずにに拭いてあげてください。

     

    ②風通しのよい場所で防水スプレーをかける

       

      革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

       

      防水スプレーを使う際には、必ず屋外などの、風通しがあり換気の良い場所でご使用ください。屋内や風通しの悪い場所で防水スプレーを使うと、気分が悪くなったり体調不良の原因になります。

      もし室内で使う場合は、窓を開けたり換気扇をつけた上で、ベランダや玄関先でふきつけると良いでしょう。

      スプレーする際には、本体から30~40cmほど離れた場所からふきつけるのがポイントです。一か所に偏らないようにまんべんなく革全体に行きわたるようにします。初めて使う防水スプレーは、何もないところに1プッシュして噴射具合を確かめてみてください。

       

      ③乾かす

         

        革を防水スプレーでケア|雨の日の革との付き合い方

         

        防水スプレーの液が革になじむまでしっかり乾かしましょう。20~30分程度を目安に自然乾燥してください。ドライヤーなどのご使用は厳禁です。乾きが不十分ですと防水効果が低いので、余裕をもってケアしてください。

        薄い色目の革はスプレー直後は濃く変色したように見えますが、時間が経ち乾くと元の色に戻りますのでご安心ください。

         

        ④布で軽く乾拭きする

           

          革の表面が乾いたら、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。強くこすらないように、余分な薬剤をふきとるような心持ちでやさしく拭きましょう。

           

          以上で、防水ケアは完了です。防水効果はスプレーによって、また革との相性によって異なります。持続する日数や効果は防水スプレーの説明書でご確認ください。

           

          〇 雨と革の上手な付き合い方

           

          防水スプレーは完璧ではない

           

          防水スプレーをすると安心ですが、完全に水染みや色落ちを防げるとは限りません。予想外に激しい雨にさらされたり、誤って水没してしまった場合には、できるだけ早く乾いた布でふきとり内側も濡れていないかチェックして、乾かしましょう。

           

          雨の日は革を休ませる選択も

           

          お気に入りのレザーバッグはいつも使っていたいですが、長い目で見ると雨の日には使わず、お休みさせてあげるのも「付き合い方」のひとつです。

          予期せぬ大雨などで大きな染みがついたり、色抜けしてしまうと元の色合いや風合いを失ってしまいますし、また、度重なるスプレーでしだいに革への負担が大きくなりエイジング(経年変化)に影響を及ぼす可能性もあります。

           もっと詳しく…

            

           まとめ

           

          革を末永く使い続けられるように、雨の日にも使うための防水方法をご紹介しました。また「雨の日は使わず革の保養日」といったルールを作っておくこともおすすめです。革アイテムを大切に使い続けるために、上手に活用してみてください。

           

          〇 おすすめ商品

           

           
          100%高級シボ牛本革を纏ったビジネスシーン対応リュックサックが登場!!今回もお客様のお声から企画をスタートして、ついに完成を致しました。
           
          毎日の通勤はもちろん、2泊3日の出張の荷物もしっかり収納できる大容量20Lサイズの本革トートバッグがBLUE SINCEREから登場しました。