革製品を知る|革の加工の種類

革製品を知る|革の加工の種類

  

ひとくちに革といっても、さまざまな加工方法によって革の表情が大きく変わります。見栄えだけでなく触感まで変化する、バラエティ豊かな革が存在します。革職人たちの日々の努力により、今日でも新しい手法が研究されています。さまざまな革の加工がありますが、なかでも代表的な手法をご紹介します。

 

表革

 

皮革の表面(毛穴のある面)である銀面を使用したものです。この表革が革製品の基本となる加工で、革と聞いてほとんどの方が真っ先にイメージするのが表革です。

 

革製品を知る|革の加工の種類

 

ヌメ革

 

タンニンなめしされた後に染色していない状態のもので、革のナチュラルな風合いが楽しめます。薄茶色または肌色が特徴的です。厚みがありながらも柔らかくなめらかな手触りは、革本来の風合いが感じられるため人気があります。使うほどに飴色(コニャックカラー)へと経年変化し、長期にわたって革の成長が楽しめます。

 

革製品を知る|革の加工の種類

 

スエード

 

主に子牛や子羊の革を使い、裏側(内側)を回転砥やサンドペーパーなどで毛羽立たせ、短く起毛させたものです。毛足が短く、細かくて柔らかな手触りは、上品で優しい触感です。衣類、手袋、靴など広く用いられています。近年ではハイグレードな人工スエードもあり、天然と見分けがつかないほど優れています。

 

革製品を知る|革の加工の種類

  

バックスキン

 

雄鹿革のなめし革の銀面(表面)を、サンドペーパーなどで毛羽立てて柔らかく仕上げたものです。雄鹿革(BUCK)と裏側(BACK)は発音が近いため、バックスキンとスエードは同じ起毛革として混同される場合があります。 

  

ベロア

   

主に牛など大型動物の革の床面(裏面)を、サンドペーパーで毛羽立たせ短く起毛させた革がベロア(レザー)です。厚みがあり起毛感の粗いカジュアルな雰囲気が強いです。また、綿、ポリエステル素材で起毛させた生地もベロアと呼ばれています(こちらのほうが一般的な認識です)

 

ヌバック

   

牛革の銀面(表面)をサンドペーパーで軽く擦り起毛させた革のことです。スエードやベロアよりも手触りが繊細で、厚く丈夫に仕上げることができるため、広く様々な用途に使われています。

  

革製品を知る|革の加工の種類

  

ガラスレザー

  

なめした革をガラスやホーロー加工を施した鉄板に貼付けて乾燥させ、銀面(表面)を少し削り合成樹脂などを吹き付けて仕上げたものです。銀面が均一なので丈夫で手入れが簡単なことから、靴やバッグ、ベルトなどによく用いられています。

  
エナメルレザー

  

ガラスレザーと同じような光沢感と見た目により混同されやすいですが、異なる製法の革です。エナメルレザーは、通常の乾燥工程を行い銀面(表面)を削らずに、ウレタン樹脂などで仕上げる革を指します。品のある仕上がりで、ある程度水を弾きます。

  

革製品を知る|革の加工の種類

 

型押し

 

革の銀面(表面)に、凹凸のついた金版に熱を加えながら圧力をかけて、革に立体的な表情を与える仕上げ方法です。クロコダイルなど高価な希少動物の革の表情に似せることができ、革にある小さな傷を隠すことができます。また、熱を加えて圧力をかけるので革が締み薄く硬くなります。近年、型押しの技術が高くなっているため、天然のものと見分けがつかないほどです。

 

革製品を知る|革の加工の種類

 

オイルレザー

 

革は通常のなめしの工程でも、ある程度オイルが含まれますが、仕上げ工程でさらに多量のオイルを含ませたものがオイルレザーと呼ばれます。通常以上にオイルを含ませることで、革に柔軟性が出て耐久性や耐水性が高められています。使い込むほどに表面にオイルが染み出て独自の表情を見せます。

 

革製品を知る|革の加工の種類

   

シュリンクレザー

  

なめしの段階で熱や薬品を使用して、革の銀面(表面)を収縮(シュリンク)させて独特のシボ(革のしわ模様)をつけた革のことです。革の銀面層と皮下層では、収縮率が違い、この差によって銀面のみが収縮作用を起こし、独特なシボが生まれます。シボが生まれることで、革全体が上品で柔らかい印象の質感に仕上がります。また、このシボにより傷が目立ちにくいという利点もあります。

  

革製品を知る|革の加工の種類

 

   

まとめ

  

革にはさまざまな加工方法があることがお分かりいただけたでしょうか。同じ革でも加工が異なると、まったく違う表情をみせてくれます。オイルレザーのような男性的なワイルドな風合いから、エナメルレザーのような上品で女性的なもの、シュリンクレザーのような傷がつきにくいものなど、バラエティー豊富な質感が楽しめます。革の世界は奥深く、独特な魅力を放っていますね。あなたの趣向や用途によってさまざまな革を使い分けてみてください!

 

おすすめ商品

   

BLUE SINCERE(ブルーシンシア)レザートートバッグ / RT1|収納士監修 大容量整理ポケット装備
 
毎日の通勤はもちろん、2泊3日の出張の荷物もしっかり収納できる大容量20Lサイズの本革トートバッグがBLUE SINCEREから登場しました。大きさだけでなく素材選びから使いやすさまで徹底追及し、他の本革トートバッグには無い機能をたくさん詰め込みました。
BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革長財布 / ILW1|イタリアンレザー 極薄0.8cm 
 
スキミング防止機能を搭載。革職人が厳選したイタリアンレザーを贅沢に100%使用しました。スーツの胸ポケットに入れても膨らむことが無いよう、収納士監修のもと、徹底して薄さにもこだわりました。

あわせて読みたい