ステアハイドの特徴|革のトリビア

ステアハイドの特徴

 

〇 ステアハイドとは?

 

生後3~6ヶ月の間に去勢され、2年以上成長した雄牛の革を「ステアハイド」と呼びます。
私たちが普段いただいている食肉用の牛からとれる副産物であるので、流通量が多く質や価格が安定しています。牛革ではカウハイド(生後2年以上の雌牛)と同じく人気のある素材です。面積が大きく厚みが均等で加工しやすいため、幅広い革製品に用いられています。

 

〇 耐久性に優れ品質が安定している

 

革だけではありませんが、常にベストな状態の製品を作り続けていく場合には「(素材の)品質が安定している」ことがとても重要です。生後6か月以内に去勢をするため、牛は性格が穏やかになり、雄同士のケンカをしなくなります。そのため皮は傷つかず、肉質は適度な柔らかさをもちながら引き締まるので、皮をなめし加工を施しても、表面は均等に美しく仕上がります。ステアハイドを使用した製品は、品質が安定し耐久性にも優れ、完成度の高い点が魅力です。
また、天然皮革である証であるトラ目やシワ、シボなどの素材の持ち味が楽しめる革で、その表情はいずれも世界で1つだけという点も魅力のひとつです。

 

ステアハイドの特徴|steerhide

 

〇 お手入れは簡単で長く愛用できる革

 

しっとりした柔らかさで、適度なハリを持つステアハイド。簡単なメンテナンスだけで長く付き合っていける革です。表面の繊維密度が安定し耐久性があるため傷がつきにくく、メンテナスの場合も革にオイルがまんべんなく浸透するためです。また、これにより味わい深い美しいエイジング(経年変化)も楽しめます。

 

◯ おすすめ商品

  

 BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革ミニクラッチバッグ| スキミング防止 L字ファスナー ポーチ 
 
上質なスムースレザーを使用。使いやすさを徹底的に追求し開口部をL字ファスナーにしました。スキミングから守るためポーチの素材には電波を遮断できる「RFIDブロッキング専用フィルム」を織り込みました。

あわせて読みたい