革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 

革のエイジング(経年変化)といえば、レザーウェアやレザーバッグ、レザーシューズをまず想像しますが、実はもっとも風合いの変化が楽しめるのが「革小物」です。

バッグやシューズと違い、財布や手帳などの革小物たちを(意識的にも無意識でも)1日のうちに何度も手にします。あなたが手にするたびに、少しづつ味わいが深まっていきます。しかし、裏を返せばそれだけ触れるものだからこそ、長く付き合うためには丁寧に作られた品質の高いものが求められます。

革小物を長く愛用するためには、購入時にどこを注意すればよいか。知っておきたいチェックポイントや、意外と知られていない革職人の細部へのこだわりなど、革小物の代表的なアイテムについて紹介します。

 

財布

 

「革製品で一番最初に持ったのが財布」という方も多いかと思います。革小物の代表格である財布は、ちょうど手のひらに近い大きさであるため、一番身近に感じる革小物であるといってもいいでしょう。財布は多い時で1日に何度も手にするので、革の風合いをもっとも楽しめるアイテムといえます。

 

財布のチェックポイント

 

【ステッチ】

縫い目はまっすぐで均等に縫われているか?とんでいる箇所はないか?をチェックしてください。きれいに縫われていないと、製品の強度や耐久性が損なわれたり、ステッチのほつれや革の歪みの原因となります。

 

【コバ】

コバとは、革を裁断した断面部分を指します。このコバがきちんと処理されていない場合は、面が荒く毛羽立ちがあります。その場合、劣化や破損、色落ちの原因にもなります。やや丸みを持たせきれいにコバ磨きが施されている製品は、見た目が美しいだけでなく、強度も高くなるので長く愛用できます。

 

【歪み】

計測までする必要はありませんが、置いて全体を見た場合に均整のとれた形であるかチェックしましょう。縫製がきちんとされていない場合、面に歪みがあったり、形そのものがいびつであったりします。(使っていくとしだいに歪むことがあります。これは経年変化により革が育ち味が出ていると認識してください)

 

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 

コインケース

 

コインケースなんてどれも同じじゃないの?と思われがちですが、ちょっとしたデザインや仕様の違いで、使い勝手が大きく変わってきます。選ぶ時の大切なポイントは、「持ち運びしやすいか」と「コインが出し入れしやすいか」そして「耐久度」です。

  

コインケースのチェックポイント

 

【持ち運び】

コインケースは、ちょっとしたお出かけやスポーツ時に使うケースが多いので、小さすぎると収納が心もとないですし、大きすぎると携帯に不便。持ち運びを想定し手のひらに収まる程度の大きさと、程よい機能性を兼ねたものを選びたいですね。

   

【硬貨の出し入れ】

デザインはいいけど、硬貨が取り出しにくいでは、意味がありません。入口がしっかり開いて、なかの硬貨がひと目でわかりやすく出し入れがしやすいものにしましょう。

 

【耐久度】

硬貨は硬いのでケースの内側から負荷を与える場合があります。薄い素材や柔らかすぎる素材は、形が崩れやすく劣化が早くなるので、ハリがありやや硬め革がよいでしょう。しっかりした革は経年変化も楽しめ長く付き合えます。

 

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 

カードケース

  

クレジットカードやICカードなど、現金は持たずにすべてカード決済ですます方が増えカードの所持数も増えています。財布のカードを入れるポケットでは不足なためカードケースを持ち歩く人も増えています。

 

カードケースを選ぶポイント

 

【カードの視認性】

カードを使うシーンといえば、おもにレジやATMなどです。ガバッとしっかり開いて短い時間で的確にカードが確認できる機能性の高いものが適しています。

 

【スキミング防止機能】

スキナーという小型機械を近づけただけでカード情報を盗み取る「スキミング」という犯罪が増えました。カードケースにスキミング防止機能が付属していれば、人混みの中でも安心です。

 

【耐久度】

カードの多くはプラスチック性です。薄い素材や柔らかすぎる素材は、内側から負荷がかかり形が崩れやすく劣化を早める可能性があります。しっかりしたやや硬め革がよいでしょう。

 

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 

名刺入れ

 

大人にとって名刺入れは必需品。あなたの大事な第一印象のひとつの要素になる場合もあります。よって大容量というよりは、デザイン性や革の質感があなたの好みにフィットするかという点で選んでもよいでしょう。

 

名刺入れを選ぶポイント

 

【デザイン】

個性やデザイン性が強すぎると、人間性が幼稚にみえたり我が強いといったような印象を与えかねません。名刺入れはシンプルかつシックなものが鉄則です。

 

【質感】

上質な革がもつ独特な雰囲気はあなたの味方をします。「事の本質を見極める」「人間性をまっすぐに見る」そんな真摯な姿勢が相手に伝わるかもしれません。また、控えめでシックな革小物は、相手との話題のネタにもなりやすいというオマケもあります。

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 
ノートカバー(ブックカバー)

 

現代人の多くが、電車の中、カフェなどあらゆる箇所でスマートフォンを眺めています。そんな中で、本を読んでいる人や手書きで何か書いている人は良い意味で目立ちます。加えてノートカバーやブックカバーを使っている人は、知的で自分軸の世界観をもっているような独特な雰囲気を感じます。そんなノートカバーやブックカバーに求められることは、手に取っている時の質感。手にしっくり馴染むものを選びたいですね。

 

ノートカバー(ブックカバー)を選ぶポイント

 

【縫製】

縫い目がよれていたり吊っている状態であると、ノートや本がカバーにおさまらなかったり、カバーが浮いてしまい持った感触も見た目も悪いです。これでは気持ちよく読むことができませんよね。縫い目がきちんと整っているか、縫い目がまっすぐであるかチェックしましょう。

 

革製品を知る|あなたの手で育てる革小物


 

キーケース

 

大人になればなるほど増える鍵。キーホルダーもいいですが、キーケースにまとめるとスマートです。それぞれ形が不揃いの鍵は、収納すると予想以上に膨らんでしまうこともあります。購入する際には、日常のなかで持ち歩く鍵が、すべて収まることができるかをイメージすることが大事です。

 

キーケースを選ぶポイント

 

【縫製】

鍵は金属なので、キーケースの内側に負荷がかかります。縫製が甘いとパーツのほつれや、キーケースそのものの劣化が早まります。全体の縫製はきちんと整っているか、鍵を取り付ける器具はきちんと留まっているかも合わせてチェックしてください。


革製品を知る|あなたの手で育てる革小物

 

まとめ

 

お買い物をする際にはいろんな箇所を確認してから購入すると思います。消耗品と違い、長く付き合うものほど『すぐに壊れないだろうか?』『本当に使うだろうか?』など考えてしまうことでしょう。

そんなとき、なんとなく製品を眺めるのではなく、具体的にチェックする箇所を把握しておくと、選ぶ時の基準になりますし迷うポイントが大幅に減り選びやすくなるかと思います。今後のお買い物の参考にしてくださいね。

最後になりましたが、わたしたちBLUE SINCERE(ブルーシンシア)の製品は、縫製や素材の質感なそ厳密に製品チェックを行って出荷していますので、安心して選んでいただければと思います。

 

おすすめ商品

 

 BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革キーケース / IKC1|イタリア革職人監修 イタリアンレザー仕様
 
長くご愛用頂けるよう素材選びにも徹底的にこだわりました。革職人が厳選したイタリアンレザーを贅沢に使っています。革本来の香りと滑らかな肌触りを体感してください。 
 BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革長財布 / ILW1|イタリアンレザー 極薄0.8cm スキミング防止
 
スキミング防止機能を搭載。革職人が厳選したイタリアンレザーを贅沢に100%使用しました。スーツの胸ポケットに入れても膨らむことが無いよう、収納士監修のもと、徹底して薄さにもこだわりました。

あわせて読みたい