革製品が汚れたら|すぐにできる簡単な汚れの落とし方

革製品が汚れたら|すぐにできる簡単な汚れの落とし方

 

大事に扱っている革製品でも知らぬ間に、汚れが付いてしまいます。定期的なメンテナンスが理想ですが、その前にまずは日々の簡単なケアは革へのストレスを減らし、美しいエイジングにもつながります。革製品を長く使い続けるために、自宅にあるもので簡単にできる汚れの落とし方をご紹介します。


◯ 革の汚れ落とし前に

 

革製品が汚れたら|ブラッシング


まずは革用ブラシで、ささっと全体の汚れやホコリを払います。細かいパーツの設置部分や縫い目の部分は汚れがたまりやすいので、丁寧に掃除してあげてください。

 

◯ 汚れ落としに準備するもの

 

革製品が汚れたら|革のお手入れ用品


タオルまたは布(水拭き用・乾拭き用)

消しゴム(できれば新品)

メンテナンスオイル


タオルや布は柔らかくきれいなものを使用してください。天然素材のものを選んでいただくと革へのストレスが少ないです。


消しゴムは新品が理想的ですが、使いかけの場合は、黒炭や汚れの部分をカットして、汚れがない状態で使用してください。



◯ 汚れ落としの手順


1. 消しゴムと湿らせたタオルでケア


ブラッシングだけでは落ちない持ち手やバッグ底の黒ずみは、消しゴムまたは水に濡らし絞ったタオルでやさしく擦り取り除いていきます。


汚れが革にこびりついてなかなか落とせない場合もあります。このときは湿らせたタオルや布で、汚れをを水で少し浮き上がらせるようなイメージで、ゆっくりと丁寧に拭きあげてください。


2. 換気のよい場所で乾かす


汚れを除去できたら、乾いた布で全体をやさしく拭き余分な水気を吸いとります。細かい部分も水気が残っていないか確認しましょう。終わったら換気が良くできれば風通しのよい場所で乾かします。自然乾燥が鉄則です。ドライヤーや乾燥剤は革にダメージを与えますので使用しないでください。また、型崩れ防止に中身に新聞紙や乾いた布を詰めておくことをおすすめします。

 

3. メンテナンスオイルで保湿

 

革製品が汚れたら|革クリーム・オイルで保湿


最後の仕上げです。メンテナンスオイルで革に油分を保湿します。オイルを少量スポンジや布にとり、1箇所にかたまらないように薄く広げるように塗ってください。


◯ まとめ - 革のエイジングの捉え方

 

革を新品状態をずっと長く保つことはできません。むしろ、あなたのライフスタイルにそったついた汚れや傷をエイジングとして楽しむ、革製品の醍醐味です。日々のケアや定期的なメンテナンスが理想的(それ自体も楽しいことも)ですが、すべての汚れを完全に消すことはできません。大きな汚れでなければ、ひとつの「味」として捉え、革をじっくり育てていくそのエイジングの過程をお楽しみください。

 

◯ おすすめ商品

 

BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革キーケース|イタリア革職人監修 キーホルダー 

 
数々の失敗をもとに改善を積み重ね、革職人の監修をもとについにBLUE SINCERE(ブルーシンシア)のイタリアンレザースマートキーケースが誕生しました。

 

BLUE SINCERE(ブルーシンシア)本革長財布|イタリアンレザー スキミング防止 L字ラウンド 
 
いい素材の財布を長くご愛用頂けるよう素材選びから徹底的にこだわりました。 革職人が厳選したイタリアンレザーを贅沢に100%使用しました。革本来の香りと滑らかな肌触りをご体感頂くことができます。