レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック

レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック
 

お気に入りの革製品を長く綺麗な状態で使い続ける為には、ケアをすることが重要です。どんなに優れた革を使用していても、使用後のケアを怠ってしまうと型崩れやカビ、シミを引き起こしてしまう要因に。

本記事では、お気に入りの革製品を綺麗に長く愛用するためのケアの方法保管方法について解説していきます。革製品をこれから購入しようと考えている方にも知ってほしい内容も紹介しています。革製品を長く大事に扱う方法を知りたい方は最後までご覧ください。

 

Point1:購入したらまずはケアをしましょう

レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック

 

革製品は使用していると、自然と汚れや傷がついてしまうため、新しい状態から保護することが効果的です。革製品が作られてから皆さんの手元に届くまで、時間が経過してしまい革が乾燥してしまうことも考えられます。

購入後すぐに、革専用のクリームを塗布することで、革の乾燥を防ぎ、傷がつきにくくなります。革製品を長く美しく保つ秘訣の一つとして知っておきましょう。

 

Point2:日頃のケアをこまめに実施しましょう

レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック
 

革製品のケアは、人が健康診断を受ける感覚と似ています。日常的にホコリや汚れを取り除くだけでなく、表面に傷やシミがないかをチェックすることが大切です。小さな傷に早く気付けると大事に至ることを防げます。

特に雨の日の後は注意が必要です。雨によって水分が含まれることで革のシミやひび割れを引き起こす原因に。お手入れを終えた後は、防水(撥水)スプレーを使用して、汚れやシミの対策をしましょう。

 

Point3:革製品にも休息を与えましょう

レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック
 

革製品を長持ちさせるためには、同じ革製品を連続して使用するのではなく、不要な水分を取り除くためにも休息を与えるようにしましょう

 

また、週に1度は、ブラッシングで汚れを取り除いたり、リムーバーを使用して前回のクリームをきれいに拭き取ってから、新しいクリームを塗りこむようにしましょう。

 

Point4:保管の際は湿度に注意しましょう

 

レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック

  

革製品を保管する前に、しっかり乾燥させることが大切です。湿気を含んだ状態での保管は、カビの原因となります。乾燥させた後は、カビの要因である汚れをクリーナーで落として、しっかりクリームでケアをすることも忘れないようにしましょう。

特に、長期間保管する場合は形を整えて湿気の少ない場所に置きましょう。もし箱に収納する際には、乾燥剤や防カビ剤を一緒に入れておくと安心です。 

季節ごとのケアの違いについて

レザー製品のケアは季節によって注意したいポイントが異なります。季節ごとに注意したいポイントを理解することで、カビなどのトラブルを減らし長く愛用できます。

夏は湿度が高くカビに注意

夏は高温多湿な環境がカビの発生につながるため、ある程度の乾燥と防カビ対策が必要です。夏に気をつけたいレザーケアについて紹介します。

高温多湿の対策は、通気の良い環境で保管しよう

夏の高温多湿は革製品にとって最大の敵です。レザーは湿気を吸収しやすく、カビの原因になります。レザー製品を使用しない時は、通気性の良い日陰に保管し、定期的に湿気を溜めないことが重要です。

日焼けに注意

直射日光はレザーの色褪せや硬化を引き起こします。レザー製品を保管する際は、窓際や直射日光のあたる場所に長時間放置しないようにしましょう。

水濡れによるシミに気をつけよう

夏のレジャーや急な雨でレザー製品を濡らしてしまった際は、すぐに柔らかい布で優しく水分を拭き取りましょう。決して強く擦らず、自然乾燥させます。濡れた状態で放置すると水シミやカビの原因になります。アウトドアにレザー製品を使用される方は、防水スプレーで事前に対策をしておくのもおすすめです。

冬は乾燥により、レザー表面のひび割れに注意

冬は乾燥でレザーが硬くなりやすいので、保湿に重点を置いたケアが効果的です。冬に気をつけたいレザーケアについて紹介します。

乾燥によるひび割れに注意

冬は空気が乾燥しています。レザーも乾燥しやすくなり、ひび割れや硬化のリスクが高まります。定期的にレザー専用の保湿クリームを塗り、レザーに潤いを与えましょう。

暖房器具の近くは避けて保管しよう 

急激な温度変化はレザーにダメージを与えることがあります。暖房器具の近くに長時間放置しないように気をつけましょう。

雨や雪による水シミ対策

夏と同様に雨や雪がレザー製品に付着すると水シミや型崩れの原因になります。水分が付いたらすぐに柔らかい布で優しく水分を拭き取りましょう。特に冬の季節は乾燥しやすいため、拭き取った後に保湿クリームを使用して、ひび割れ対策がおすすめです。その後、防水スプレーを使用し、水分によるダメージから保護するようにしましょう。

 

あわせて読みたい

レザー製品のカビ対策|革についてしまったカビの落とし方

おすすめ商品

 
レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック(RT3)
本革 ビジネスバッグ メンズ 薄型 コンパクト / EQUES エクエス RT3

¥15,999 (税込)*送料無料
 
レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック(HW3)

【カード15枚収納OK】

ミニ財布 コンパクト 大容量 本革 / HW3

¥6,999 (税込) *送料無料

 
レザー製品のケア方法|お気に入りの革製品をきれいに長持ちさせるテクニック/ MP1
 【スマホ+必需品 ちょうどいい収納力】
スマホポーチ 本革ミニショルダーバッグ / MP1
¥6,999(税込) *送料無料

まとめ

本記事では、お気に入りの革製品を綺麗に長く愛用するためのケアの方法や保管方法について解説していきました

愛用している革製品を長く綺麗に保つためには、定期的なケアが必要です。また、季節の変わり目などで長期保管する場合も湿度を避けたりしながら、カビが発生しないように気をつけましょう。

少しのケアを実施するだけで、革製品の寿命はしっかり延びます。愛情をもって気にかけてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい