キャッシュレス時代到来で財布もスマート化

 

 

「現金を使わなくなった」

最近そんな声をよく耳にするようになりましたよね。

レジでスマートフォンのアプリで決済する人が多くなりました。

とはいえ、日々の食料品や生活雑貨などはスマートフォン決済でも、ちょっと高額なものはクレジットカードを使うというケースが主流ですよね。

また、免許証や保険証、IDカードなどなど、日々の生活のなかでカードを使うシーンがたくさんあります。

 

そんな現代人のライフスタイルにあわせて、カード収納がメインの財布、そして近年の「荷物は極力少なく」という趣向にあわせて、使いやすさを損なわず徹底的にスリムに設計し『財布をスマート化」しました。

 

0.7㎝に便利を詰め込む

「バッグの中はできるだけ少なくしたい」

「ふくらんだスーツの胸ポケは格好悪い」

これまでの財布は、札入れ小銭入れが大きくスペースをとりしっかり現金が入れられることが当たり前でした。

ですが、時代は変わりました。

 

『現金よりもカード枚数のほうが多い』

財布のあり方や形状が変わっていくことは自然な流れです。

徹底追及し”厚み0.7㎝”という薄さを実現しました。カードをすべてのスペースに入れても約1.2㎝という薄さです。

 

 

想像してみてください。

『スマート化された財布から、サッとカードを取り出すシーン』

『よくわからないポイントカードなどで膨らんだ財布のなかをゴソゴソとカードを探すシーン』

あなたはどちらが良いですか?

 

 

最適化された8ポケット

日本人の成人1人あたりのクレジットカード平均保有枚数は2.8枚(一般社団法人日本クレジット協会による2021年調査)。

そのほか保険証やICカードなどを考えると、一般的には最低3枚以上カードを保有していると考えられます。

これら必要なカード類をすべて収納でき、どんなお出かけにも対応できるように、8か所のカード収納スペースを備えました。

 

 

 
もしもの時に安心のフリーポケット

キャッシュレス化が進んだとはいっても、まだまだ現金でしか支払いができないお店や、交通系ICカードの残高が無くなったとき時など、現金が必要な場面があるかもしれません。

そんなときでも困らないように、お札が入るサイズのフリーポケットを用意しました。万が一のときも安心です。

 

 

 

大事なカードは高級革をまとわせる

弊社の革職人が厳選したイタリアの最高級レザーを使用しています。その惚れ惚れする芸術的な艶感、手に吸い付くようなしっとりした触感をお楽しみいただけます。

オイルをたっぷり染み込ませているため、擦り傷の程度ならば、表面を揉むことで表面に油分があがり傷がうすくなり目立たなくなります。

むしろ傷や色の変化は良い革であるほど、味わい深いものといえますので、その経年変化をお楽しみください。

現代ではカードはお金そのもの。大事なカードこそ良い革に納めてください。

 

 

 

 

 【キャッシュレス時代のスマート財布】

超薄型カード財布 イタリアンレザーカードケース / Ulthin -ウルシン- ILW5

【¥5,999】

 

あわせて読みたい